全国の太陽光発電所(500ヵ所以上)に導入されているフェンス | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

全国の太陽光発電所(500ヵ所以上)に導入されているフェンス

 

全国の太陽光発電所や屋外設備の周囲、私有地の防犯や道路や線路沿いの侵入防止など、

当店のらくらくメッキフェンスは全国数多くの現場に導入されています。

Fieldsaver.comは、らくらくメッキフェンスの生産と納品をつうじて、

屋外防犯のサポートを行っています。

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

更に高強度「強化型らくらくメッキフェンス」

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

 

 

 

 

 

 

全国各地に増えている太陽光発電所は、

再生可能エネルギーの分野で最も発電量が伸びています。

 

その理由として、他の再生可能エネルギーに比べ(水力、風力、バイオマスなど)

コストを抑えて発電所を作れることにあります。

また、近年の太陽光パネルの高性能化により、

発電効率が向上したことで初期コストの回収が容易になったのも挙げられます。

 

太陽光発電所を作るのに掛かった総コストを

売電により10年前後で回収できる運用モデルが多く、

低リスクな投資ビジネスとして参入している企業が全国に数多くあります。

 

 

太陽光発電所を設置する場合、誰もが考えるのは

コストを抑えることだと思います。

太陽光パネルやパワコンの性能は年々向上し、生産コストも低くなりつつあります。

それでもある程度の規模の太陽光発電所を作ろうとすれば、

一千万円以上の費用が掛かってしまいます。

 

太陽光パネルやパワコンといった主要な機材や、

架台や防草シート、防犯フェンスや防犯カメラなどの資材も

揃える分だけ費用がかさみます。

 

 

改正FIT法により、太陽光発電所にはフェンスの設置が義務付けられました。

重量があり電気の通っている機材を扱っている以上、

太陽光発電所にむやみに近づけてしまう環境は危険だからです。

 

周囲に住んでいる人や子供などの安全を考えたうえでも、

フェンスの設置はとても重要です。

また、太陽光パネルや電源ケーブルの盗難や、機材へのイタズラなど、

そういったものを防ぐ意味でもフェンスは欠かせません。

 

しかしフェンスなら何でもいいわけではありません。

網やアニマルネットでは耐久性が弱いため、すぐに壊されたり外されたりするリスクがあります。

 

 

 

※外側から曲げられてしまったアニマルフェンス

 

※破れてしまったネット

 

※壊れてしまったフェンス

 

 

このように、強度の弱いフェンスでは

太陽光発電所に設置された高価な機材を守るには不安があります。

また、壊れたすき間から人が侵入してしまう危険性もあります。

 

しかし強度の高いフェンスを設置しようとすると、

想定していたよりも費用が高くなることもあります。

 

一般的には、フェンスを1m設置するのに掛かる費用は、

フェンス資材と基礎資材などを含めて¥10,000程度と言われています。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

フェンスは必ず設置しなければならないのですが、

できる限り費用は抑えたい。

かといって強度の無いフェンスは不安がある。

 

太陽光発電所については、こういった悩みが多くあるそうです。

そのため、当店の「らくらくメッキフェンス」は

全国数多くの太陽光発電所に導入されています。

 

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスは、当店Fieldsaver.comで生産と販売を行っているフェンスです。

主な設置先は太陽光発電所などの屋外設備周囲、私有地や企業用地、道路や線路沿いなど

全国のあらゆる場所に導入されています。

 

らくらくメッキフェンスの特長としては、

強度の高いメッキフェンスでありながら、

通常のメッキフェンスに比べて格安であることが挙げられます。

 

 

らくらくメッキフェンスは他社フェンスより格安です③

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

らくらくメッキフェンスの安さは、当店の工場(関西)の一ヶ所で大量に生産することで、

原料のコストや保管のコストを抑えていることで実現しています。

 

また、らくらくメッキフェンスは

コンクリートブロックやモルタルを使った基礎工事を必要としません。

地面に杭パイプを打ち込み支柱を設置することで、

フェンスの設置に掛かる費用を大幅に抑えることができるのです。

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

なお当店では設置施工工事は行っておりません。

その理由は、フェンス設置場所に近い施工店様や工務店様に依頼をするのが

最も設置費用を抑えることができるからです。

 

そのため施工を依頼される場合は、

施工手順書を併せて提出されるとスムーズです。

 

 

 

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスの施工方法

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

※100mあたりの設置は5人工と算出(1日8時間の作業)

 

 

らくらくメッキフェンスをご検討の際は、

各商品ページの見積依頼フォームをご利用ください。

フェンスについてのご質問につきましては、

フリーダイヤルや問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。

 

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

更に高強度「強化型らくらくメッキフェンス」

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>