メガソーラーの防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

メガソーラーの防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

当店のらくらくメッキフェンスは、

メガソーラーなどの大規模な産業用太陽光発電所に設置されています。

 

メガソーラーの防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

フェンス本体は屋外環境でも長持ちする溶融亜鉛メッキ仕様です。

丈夫で安価、かつ基礎不要で設置ができるため、

メガソーラーのようにフェンスを長距離設置する場合にも

コストを抑えて設置をすることができます。

 

見積依頼はとても簡単です。

商品ページにある見積依頼フォームや問い合わせフォーム、

フリーダイヤルにて承っております。

 

ここ数年で、太陽光発電などの再生可能エネルギーの発電量は

着実に増え続けています。

特に太陽光発電所は、再生可能エネルギーの中で

最も発電所が多く、全国で数万か所も存在します。

 

遊休地や農地転用にて野立てをする太陽光発電所が多く、

小規模のものから大規模のものまでその大きさは様々です。

 

その中でも特に大規模な発電所は「メガソーラー」と呼ばれており、

出力1メガワット(1000キロワット)以上の大規模な太陽光発電を指します。

1メガワットのメガソーラー1施設で

約300世帯分の年間使用電力がまかなえると言われており、

安全性や環境性の高さが注目されています。

 

ただ、メガソーラーを運営するには2ヘクタールほどの広大な土地が必要となり、

ゴルフ場の跡地のように広いスペースがある場所や、山林を利用して設置されるケースが多いそうです。

現在は全国で5000ヵ所以上が稼働していると言われており、

今後も更にその数は増えていく見込みです。 

 

 

そしてメガソーラーを運営する上で欠かせないのが、

敷地内への侵入による太陽光パネルへのイタズラや、

太陽光パネルや銅線の盗難対策です。

 

写真のように、太陽光発電所には

敷地を囲うフェンスが必要となります。

2017年の改正FIT法により、太陽光発電所は

その規模の大小を問わずフェンスや塀柵の設置が義務付けられました。

※崖沿いなど侵入が困難な立地等は設置が除外されるケースもあります。

 

 

太陽光パネル(フェンス無し②)

 

上の写真の太陽光発電所のように周囲にフェンスが設置されていない場合

今後フェンスを設置しなければなりません。

 

太陽光発電所の敷地内に人が立ち入ってしまうと、

 

感電やパネルの崩落といった重大な事故につながるリスクがあります。

また、太陽光パネルそのものの盗難やイタズラといったリスクもあるので、

双方の対策として、防犯フェンスを設置する等の侵入対策はとても重要です。

 

 

しかし、メガソーラーのような広大な敷地をフェンスで囲うには、

とても多くのフェンス資材が必要となります。

 

地形や傾斜などによって設置距離は変わりますが、

メガソーラー1か所あたりのフェンス設置距離は

1,000mを超えることが多くあります。

 

通常のフェンスを設置する場合、

フェンス本体資材だけでなく、基礎ブロックやコンクリートなどの基礎資材も必要になります。

加えてフェンスを施工するための人件費も発生するため、

一般的にはフェンス1mを設置するのに約10,000円ほど

費用が掛かることが多いです。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

仮にメガソーラーの周囲にフェンスを1,000m設置するとなると、

1,000m×10,000円=10,000,000円 となり、

とても大きな費用負担となってしまいます。

 

そういった、少しでもフェンス設置に掛かる費用を抑えたい場合、

当店のらくらくメッキフェンスが利用されています。

 

 

メガソーラーの防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

メガソーラーなどの多くの太陽光発電所に設置されているらくらくメッキフェンスは、

省コスト&高耐久の防犯フェンスです。

 

溶融亜鉛メッキが施された本体部材は耐久性に優れ、

屋外環境での使用に適しています。

 

※らくらくメッキフェンス 強度試験の様子

強度試験も行っており、

屋外環境で25年間の使用を想定した設計となっています。

 

 

フェンス本体資材のコストは一般的なメッキフェンスに比べると割安です。

メガソーラーのようにフェンスを長距離設置する場合に

費用を抑えることができます。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

 

フェンスの施工は基礎不要で設置をすることができます。

杭パイプを地面に直接打ち込む施工方法なので、

工期の短縮と資材費を抑えることができます。

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

省コストで設置に手間が掛からないタイプのフェンスなので、

メガソーラーなどの太陽光発電所に多く導入されています。

 

 

 

 

 

また、らくらくメッキフェンスには強化型とブラウン仕様もありますので、

設置場所の都合によりお選び頂けます。

 

 

 

【更に高耐久のフェンスをお探しの方へ】

更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」

 

 

 

【ブラウン色のフェンスをお探しの方へ】

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

 

また、メガソーラーの敷地内に区画表示をすることができる

高さ30cmの低丈フェンスもあります。

 

区画表示用の低丈フェンス「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

 

 

 

当店フェンスにつきましてご不明な点などございましたら、

フリーダイヤルや問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976354号】

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>