施工・設置工事の費用を抑えられる太陽光発電所のフェンス | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

施工・設置工事の費用を抑えられる太陽光発電所のフェンス

施工・設置工事の費用を抑えられる太陽光発電所のフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

当店Fieldsaver.comは、

太陽光発電所に必要なフェンスの施工・設置工事の費用を抑えられる

屋外防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」を販売しています。

 

基礎工事不要で短い工期で設置ができるため、

通常のフェンスに比べ約半分の費用で

フェンスの施工・設置工事をすることができます。

 

フェンス資材の金額を調べるために必要な見積依頼も、

商品ページの見積依頼フォームより簡単に行えます。

 

 

2017年より施行された改正FIT法により、

太陽光発電所の周囲にはフェンスの設置が必要になりました。

 

上の写真のように、太陽光発電所の周囲には

人が容易に立ち入れないよう

フェンスで囲う必要があります。

 

ただ、設置場所が崖に面していたり、

人が立ち入れないと思われる地形であれば、

フェンスの設置を免除されるケースがあります。

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

 

 

 

しかし、この2枚の写真のように、

誰でも簡単に太陽光パネルや周辺機器に触れられる環境においては、

周囲にフェンスを設置することは必須と言えます。

 

 

太陽光発電所にフェンスを設置する第一の理由として、

感電や太陽光パネルの崩落による

怪我を防止することが挙げられます。

 

 

一般的な発電所においても、

発電所の周囲にはフェンスが設置されているのが分かります。

これは内部に人が立ち入ることで、

感電などのリスクを防ぐ必要があるからです。

太陽光発電所も、電気を発電している時点でれっきとした発電所です。

そのため、周囲には人が立ち入りづらくするように

フェンスや柵を設置することが求められているのです。

 

 

また、太陽光発電所の周囲にフェンスを設置する理由は、

イタズラや盗難への対策でもあります。

 

 

太陽光パネルは重量があるものの、

トラックなどの車両で運ばれる危険性があります。

また電線や銅線、パワーコンディショナーなどは比較的運びやすく、

盗難などの被害に遭う可能性があります。

そのため、上の写真のように誰でも太陽光パネルに触れるような環境を作らないことが、

太陽光発電所の運営において大切なことになります。

 

特に野立ての太陽光発電所に言えることですが、

都心部より郊外に設置されるケースが多くあります。

郊外の場合、あまり人通りの無い場所へ設置されることも多く、

そうなると盗難の危険性が高まります。

 

そのため、防犯フェンスを太陽光発電所の周囲に設置するだけでなく、

センサーライトや防犯システムも併せて導入する方が

より長期的な運営には向いていると思われます。

 

 

 

しかし太陽光発電所の周囲にフェンスを設置するにあたり、

施工・設置工事には多くの費用が掛かります。

 

一般的には、1mのフェンスを設置する場合、

①フェンス本体価格

②基礎資材

③基礎工事を含めた施工・設置工事費用

これら3つを併せて、約10,000円掛かると言われています。

 

フェンス100mを設置する場合、

施工・設置工事にかかる費用はおよそ100万円前後となるため、

それなりの費用となってしまいます。

 

太陽光発電所にフェンスを施工・設置工事する費用については、

以下のブログにも情報をまとめています。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

 

少しでもフェンスの施工・設置費用を抑えて

太陽光発電所にフェンスを導入したい場合、

当店のらくらくメッキフェンス

あらゆる費用を抑えて設置をすることができます。

 

 

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

施工・設置工事の費用を抑えられる太陽光発電所のフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

らくらくメッキフェンスは、基礎工事不要でフェンスを設置できます。

短い工期で施工できるので、フェンス設置に掛かるコストを抑えることができます。

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

基礎資材を使わず短い工期で施工・設置工事が行える理由として、

シンプルな工法が挙げられます。

 

 

 

【らくらくメッキフェンス 施工手順】

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

※100mあたりの設置は5人工と算出(1日8時間の作業)

らくらくメッキフェンス施工手順-PDF

専用門扉施工手順-PDF

 

このように、らくらくメッキフェンスは

杭パイプを直接地面に打ち込むため、

短工期&省コストでフェンスを設置することができます。

 

設置における手間暇が最小限のため、

フェンスの施工・設置工事の費用を抑えることができるのです。

 

 

 

 

当店ではらくらくメッキフェンスの生産と納品までのご案内となりますので、

フェンスの設置につきましては購入者の方々で都合して頂く必要があります。

太陽光発電所の近くの工務店や施工店に問い合わせて頂き、

フェンスの設置費用を問い合わせて頂くのが通常の流れとなります。

 

ただ、フェンスの設置距離が短い場合は

自らフェンスを設置をされる方もいます。

 

当店フェンスにつきましてご不明な点などございましたら、

当店フリーダイヤルかお問い合わせフォームにて

お気軽にご相談ください。

 

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>