道路沿いに設置できる侵入や立ち入りを防止するフェンス | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

道路沿いに設置できる侵入や立ち入りを防止するフェンス

当店では、道路沿いに設置されている

人や野生動物の立ち入りを防止するフェンス

「らくらくメッキフェンス」を販売しています。

 

 

道路沿いに設置できる侵入や立ち入りを防止する「らくらくメッキフェンス」

 

 

らくらくメッキフェンスは基礎工事不要の

打ち込みタイプのフェンスです。

短期間で設置ができるため、

施工費用を抑えつつ速やかに侵入防止フェンスを導入したい場所におススメです。

 

また、資材価格も安く、

長距離のフェンス設置にも向いています。

 

 

 

 

 

 

地域によって、道路沿いにはフェンスやガードレールが

設置されている場所が多くあります。

主な設置目的は、人であったり野生動物が走行車両と接触しないための措置です。

 

ドライバーにしてみれば、急に道路へ動物等が出てきたら

接触や急ハンドルの危険があります。

そういった危険もあるため、

フェンスは安全管理上とても重要な役割を果たします。

 

 

 

 

 

イノシシやシカ、キツネやタヌキなど、

道路上で車と接触する事故は毎年多く発生しています。

山の近くの道路や森を通り抜ける道路では、

道路そのものが生息地域の中に通っているので、

接触事故は多くなりがちです。

 

道路や線路の存在は、

野生動物の共存においてとても難しい問題なのです。

 

 

 

 

 

そういった車両との衝突リスクを減らすために、

当店のらくらくメッキフェンスは屋外設備の防犯だけでなく、

道路沿いの侵入防止フェンスとしても利用されています。

 

 

 

 

道路沿いに設置できる侵入や立ち入りを防止する「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

らくらくメッキフェンスは道路沿いや線路沿いの侵入防止フェンスとして

数多く導入されています。

容易に進入できないようにするだけでも、

車両への接触リスクを減らすことができるからです。

 

 

 

 

 

道路沿いなどに多く設置されている理由としては、

フェンスの施工方法がシンプルであることが挙げられます。

 

基礎工事が不要で、杭パイプを直接地面に打ち込む施工方法は、

省コストかつ短工期でフェンスを設置することができます。

 

 

 

 

らくらくメッキフェンス 施工手順

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

 

 

 

設置が簡単なので、フェンス本体価格以外に発生する「施工費用」も、

効果的に抑えることができます。

 

 

 

【道路沿いに設置できる「らくらくメッキフェンス」 施工費用例】

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

 

らくらくメッキフェンスは、1mあたり約2,000円~3,000円前後で

設置工事をしてくれる工務店が多いです。

施工にはコンクリートブロックやモルタルなどの基礎部材費用を使わないので、

施工費用を割安にできるメリットがあります。

 

また、フェンス本体も格安のため、

従来のフェンスに比べて約半分程度の費用に抑えることができます。

 

 

 

【道路沿いや線路沿いの侵入防止「らくらくメッキフェンス」 本体価格】

 

 

 

省コスト&高耐久という利点があるため、

屋外におけるあらゆる場所にらくらくメッキフェンスは導入されています。

 

・道路沿いの侵入防止フェンス

・線路沿いの侵入防止フェンス

・太陽光発電所の防犯フェンス

・屋外設備周囲の防犯フェンス

・企業敷地や資材置き場の盗難防止フェンス

 

 

 

 

今では太陽光発電所を中心に、全国500ヶ所以上に導入されています。

 

 

 

らくらくメッキフェンスに関する質問等につきましては、

フリーダイヤルや問い合わせフォームにて承っております。

 

製品についてご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>